犬の歯周病って怖い!治療の体験談と知っトクおうちケア

PexelsのGlo Russoによる写真

この記事では、犬の歯周病の治療体験と動物看護師さんから教えてもらった犬の歯の正しいケアをお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 歯みがきの習慣がない
  • 犬の口臭がキツイ
  • 治療後のケアがわからない
目次

犬の健康 歯周病の治療体験談とプロ直伝!アフターケアのコツ

ゲスト

あれ?犬のお口がとても臭い

オーナー

歯周病、かもしれませんね

犬の歯周病その症状と原因は?

歯周病ときくと、「それ、人のこと?」と思った飼い主さんへ。

じつは、犬は歯周病になります。

犬は虫歯になりにくいとされていますが、歯周病にはなりやすいです。

歯周病が悪化すると、歯が抜けるだけではなく、膿んで顔に穴が空いてしまうことも。

重症化しないためにも、犬の歯周病の症状と原因を理解して、対処できるようにしましょう。

歯周病の症状

犬の歯周病の初期症状は、歯垢・歯石が付着していることです。

ふだんから、犬の歯を観察する習慣をつけるとよいですね。

歯ぐきが赤く腫れると、出血を伴うことがあります。

早期のおもな症状

  • 犬の口が臭い
  • 歯石がついている
  • 歯ぐきが腫れる

中等度~重度の症状になってくると、口臭がかなりキツイ、歯がぐらぐらする、目や頬の下が腫れる、膿が出るなど、ひどい痛みを伴って食欲がなくなることも。

早期発見が何より大事です。

気になる症状があれば、動物病院を受診しましょう。

歯周病の原因

犬の歯周病の原因は、普段のライフスタイルが大きくかかわります。

柔らかいフードよりは、ドライフードの方が歯垢がつきにくいといわれています。

歯周病のおもな原因

  • 歯磨きをしていない
  • 食べカスが残りやすいフード
  • 歯垢がたまりやすい歯並び

歯周病になりやすい犬種や年齢もあります。

歯磨きをまったくしていないと、歯垢が歯石にかわるまでわずか3日しかかかりません。

歯周病治療を動物病院でするメリット

無麻酔で歯石を除去することもありますが、歯周ポケット内まではキレイにできません。

素人がスケーラーを使うと、歯の表面を傷つけてしまうこともあるのでやめましょう。

また、痛みや恐怖で口のなかを触られるのがトラウマになってしまうことも。

ということで、動物病院で歯周病の治療をするメリットをお伝えします。

  • 全身麻酔で、治療中の痛みを感じない
  • 獣医師は、専門的な知識がある
  • 正しいアフターケアを教えてくれる

全身麻酔

犬が普段から口の中を触られることに慣れていないと、歯ブラシですら難しいですよね。

また、歯石除去は痛みが伴い、犬にとっても全身麻酔の方が苦痛が少ないです。

ただし、全身麻酔は犬に負担がかかるため、高齢の犬などはできないケースもあります。

獣医師

獣医師は、歯石除去のトレーニングを受けています。

また、「犬の歯医者さん」のような専門医もいます。

麻酔のリスクはありますが、検査結果によっては治療は推奨されません。

アフターケア

歯周病の治療後には、動物看護師から正しい歯磨きやケアのレクチャーをしてくれる動物病院も。

犬の歯磨きはハードルが高いので、コツをしっかりと教えてもらいましょう。

アフターケアがうまくいかなくても、プロに相談できるのは心強いですよね。

【体験談】歯周病の治療体験レポート

それでは、歯周病の治療体験談をお伝えします。

避妊手術で全身麻酔をする都合上、同じタイミングで歯石除去をお願いしました。

治療の流れ

まずは、動物病院で歯周病治療について相談。

全身麻酔が前提のため、避妊手術と同時にやった方がよいとのこと。

体の小さい犬にとって全身麻酔はリスクが伴うので、同時に治療をすることにしました。

口の中を診察してもらい、先生が歯周病のグレード(進行度)を確認した上で治療方針を決めます。

STEP
事前検査

血液検査で全身麻酔をしても問題がないかを確認。

うちの犬の場合、レントゲン検査は不要と判断され、血液検査のみでした。

STEP
全身麻酔による歯石除去

全身麻酔による歯石の除去。

歯の表面だけではなく、歯周ポケットまでキレイに。

お昼前に動物病院に犬を預けて、夜にはお迎えにいきました。

STEP
アフターケア

歯周病の予防は、治療後の飼い主としての責務。

動物看護師さんから、アフターケアの説明を受けました。

治療前の準備

治療当日の朝は、絶食

フードは前日の夜まで、朝にお水を飲むのは大丈夫です。

「もし朝ごはんを食べていたら、手術ができません。」との説明でした。

治療後に気をつけること

治療してから1週間は、歯磨きをすることは禁止、と先生に言われました。

歯みがきで正しいケアを

それでは、動物看護師さんからレクチャーを受けた治療後のケアについてシェアします。

重要なポイントは、すぐに歯ブラシをすることではありません。

オーナー

口の中を触ることに、少しずつ慣れさせていくこと

正しいケアのステップを知って、歯磨きができることをゴールにがんばりましょう。

STEP
口まわりを触る

口まわりを触られることを嫌がる犬は多いです。

まずは、口まわりを触っても、嫌がられないようなトレーニングから。

口まわりを触ったら、おやつを少しずつ与えて褒める、を繰り返します。

トレーニングには、おやつを活用しましょう!

STEP
歯に触れる

口まわりが慣れてきたら、次は歯です。

歯を指先で「チョン」と触ってみる。

触れたら、しっかりと褒めておやつを与える、を繰り返します。

歯に触れることができたら、かならず褒めること!

STEP
ガーゼを歯にあてる

歯を触っても抵抗がなくなってきたら、次に指にガーゼを巻いて、歯を磨きます。

いきなり全部の歯を磨くと、抵抗する可能性大。

1本ずつ、時間をおいてチャレンジしましょう。

ガーゼに鶏肉のゆで汁などで、をつけてもOK!

STEP
歯ブラシをあてる

ガーゼができるようになってきたら、ようやく歯ブラシの出番。

歯ブラシもガーゼと同様に、朝昼晩など時間帯をわけて少しずつ歯にあてていきます。

1本でも磨けたらOKの感覚で、嫌がったら時間をおきます。

犬が嫌がったら、すぐにやめること!

動物看護師さんに、「数か月かけて、ゆっくりと歯みがきに慣れさせてください。」と念を押されました。

叱りつけてしまうと、犬は「歯磨きの時間は怒られるんだ…」と認識してしまいます。

歯みがきがどうしてもできない犬の場合

なかには、トレーニングをしても歯みがきができない犬もいますよね。

また、トレーニングには数か月はかかりますので、その間のケアをしなくてはなりません。

そこで、プロに優先順位の高い順番にアフターケア方法を教えてもらいました!

  1. デンタルガム
  2. おもちゃ
  3. ドライフード

デンタルガム

歯ブラシの次に効果があるのが、デンタルガムです。

市販品では、動物看護師さんから『グリニーズ』をおすすめされました。

米国獣医認定で、確かな歯みがき効果があるということで、即購入。

下記に、商品リンクを貼っておきます。

おもちゃ

おもちゃを嚙むことも、歯垢を落とす効果があります。

ただし、ロープ状のものはNG。繊維に細菌がつきます。

かじりやすい形状で、ある程度の弾力があるゴム素材のおもちゃがベター。

蹄(ひづめ)は固すぎて歯が折れてしまうこともあるので、NG。

ドライフード

ドライフードを咀嚼(そしゃく)することで、歯垢が歯石になることを多少は防ぐことができます。

ただ、上記2つに比べると効果は小さいです。

まとめ

今回は、犬の歯周病治療について、症状や原因と治療体験レポ、正しいアフターケアの方法をシェアしました。

犬の歯垢は、3日で歯石化するといわれています。

歯石を放置すると歯周病が進行して、その治療のために全身麻酔をしなくてはなりません。

大切なのは、治療後のアフターケアです。

愛犬の歯を守って、健やかなドッグライフを送りましょう。

この記事が、犬の歯周病の治療を検討している飼い主さんのお役にたてば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

犬のリアルな健康情報を発信している、副業ブロガー。
シングルやDINKs飼い主さん向けに、実際に使ってみてよかったグッズもシェアしています。
愛犬:マルチーズ♀元保護犬

目次